企業弁護士が顧問契約を行うメリットと仕事内容について

特定の企業と長く顧問契約をすることによって毎月安定した収入が得られ、弁護士としてのスキルや名声が上がる

会社法や知的財産法などを専門分野とする弁護士を一般的に企業弁護士といいます。企業弁護士の中には、刑事訴訟や離婚や相続問題の業務を一切行っていない人も存在します。
企業弁護士が企業や法人団体と顧問契約をするメリットとしては、毎月安定した収入が得られることです。これによって、刑事事件や家族法の分野の法律業務を行わなくても、独立して法律事務所を経営できるようになります。また、特定の企業と長く顧問契約をすることによって、その依頼された仕事内容によって弁護士としてのスキルや名声が上がります。これによって弁護士としての仕事内容にも磨きがかかるようになるというメリットがあります。

弁護士に依頼することによって、スムーズに債権回収が可能となる

企業の法律業務を専門に行う弁護士の仕事内容については、様々な業務が挙げられます。例えば、中小企業が下請企業や、他の企業に対して債権を有している場合に、債権回収を行うことです。これは、企業が直接債権回収を行うと、全額の回収までに時間が必要以上にかかってしまう可能性があるというデメリットがあります。
そこで弁護士に依頼することによって、スムーズに債権回収が可能となるというメリットがあります。また、もしも債権が回収できない事態に発展した場合になっても、弁護士に依頼することによって裁判を通じて債権が回収できる事を期待できます。

弁護士が契約書の中に問題がないかを入念に確認することで、契約トラブルなどの紛争を未然に防ぐことができる

また、中小企業が他の企業を取引をする場合、契約書の存在は重要な意味を持ちます。なぜなら契約書の中には、具体的な金額の取り決めや、不測の事態が発生した場合の損害賠償等の規定が書いてあるケースが多いからです。そのような場合において、もしも契約書の中に不備があったり、又は違法な契約内容が記されているのに気が付かずに契約をしてしまうと、後々会社に大きな損害が発生してしまう場合があります。
そのため弁護士が契約書を入念に読む事によって、契約書の中に問題がないかを確認してくれます。これによって契約トラブルなどの紛争を未然に防いでくれます。
また、もしも商法との関係で訂正をした方が良い場合があった場合も、弁護士が適切なアドバイスをしてくれます。このように他の企業等と新規に契約をする場合、事前に弁護士に相談をすることは心理的に大きな安心感を得られるというメリットがあります。
弁護士の相談形態としては、直接対面で相談をする形や、電話やメールで相談をする形があります。弁護士の中には、メール相談の場合は顧問料を安く設定している人もいます。