企業弁護士が取り扱う労務問題について

労務の法律問題に強い弁護士に相談することによって、不当解雇の可能性を回避することが可能

企業弁護士の中には労務問題を積極的に行う人がいます。これらの弁護士は、学生時代から労働法を研究しているケースがあるため、労務関係の法律知識や判例に精通している方々が多いのが特徴となります。
会社の労務について弁護士が関わる業務としては、社員の不当解雇の問題があります。解雇された社員が解雇が不当であると裁判になった場合は、仮に企業が勝訴したケースであっても、会社のイメージダウンとなる場合があります。そのため労務の法律問題に強い弁護士に相談することによって、不当解雇の可能性を回避することが可能となります。
またもしも解雇する社員とトラブルになりそうになっても、弁護士が仲介人の立場として話し合いの場を設けることによって平和に解決できるケースがあります。
また顧問弁護士を雇うことによって、退職した社員が別の会社に就職をしたり、独立した場合に、自分の会社の機密情報を漏らさないように防止をすることも可能となります。もしも会社の機密情報が漏れた場合は、損害賠償請求等の対象となりますので、このケースも弁護士が早急に対応をしてくれます。

破産管財人の経験や、民事再生の実務経験が多い弁護士は、会社の経営についても法的な観点からアドバイスできる

また、会社の経営についても法的な観点からアドバイスをしてくれる弁護士も存在します。特に破産管財人の経験が多い弁護士や、民事再生の実務経験が多い弁護士の方々は、会社の財産管理にも精通している人が多い傾向があります。その理由は、企業の破産問題や民事再生の事案を多く経験することによって、経営が苦しくなる会社や健全な発展をする会社の判断ができるようになるからだと考えられます。
これによって従業員の賃金の問題や不当なリストラの回避が可能となるなどのメリットがあります。

企業が健全に発展するためには、労務の問題がしっかりしている必要がある

そして弁護士は株主の代理人として株主総会にも出席をすることができます。これによって、専門的な立場から労務問題にも意見を述べることが可能となります。企業が健全に発展するためには、労務の問題がしっかりしている必要があります。それは人材を大切にすることによって、従業員が安心して長期的に勤務することが可能となるからです。これは特に従業員が少ない傾向がある中小企業やベンチャー企業には大切なことです。
そのため、常に労務問題をチェックする弁護士を顧問として契約しておくことは、いざという時も保険になります。
弁護士の選び方で迷ったときは、ホームページの情報も非常に参考になります。ホームページによって弁護士の実績を知る事ができるからです。